回転式なので省スペース

熱水殺菌機 HWシリーズ

熱水殺菌機 HWシリーズ

主な特徴

  • 殺菌温度迄の上昇は(第1図)に示す通り熱水の場合と蒸気の場合ではそれぞれ熱伝導率が異なるため所要時間が異なり、熱水の方が非常によく、本機は殺菌→冷却とも槽の中で行います。
  • 本機は処理かごの中に多数(500~1,500袋)を1度に入れて殺菌→冷却を行うよう設計されておりますので、機械の据付場所が少なくてすみ、しかも多量処理出来ます(但し処理かご1個の投入重量は100kg以内)
  • 殺菌中(冷却中)各袋の加熱(冷却)の程度が均一に行われるよう(第2図)に示す通り熱水槽中(冷却槽中)で自動的に微昇降を行い、常に水流を保つように設計されています。

作業

  • 処理かごの運行はすべて自動的に作動します(操作配電盤付)
  • 殺菌時間、冷却時間はタイマーにより任意に調整出来ます。

能力

処理かごの大きさはそれぞれ上記(機械の仕様)通りです。

  • この中に1,000袋入れたとすると殺菌時間30分で毎時2,000袋
  • この中に1,500袋入れたとすると殺菌時間20分で毎時4,500袋

主な仕様

  • 槽はステンレス(SUS304)、枠は形鋼(耐熱性ペイント塗装)、コンベアーはステンレスチェーン駆動によるネット搬送(HWCタイプのみ)
  • 電源・・・・・・・・・・・3相 200V 50/60Hz
  • 蒸気及び給水・・・貴社にて御使用のボイラー及び水源より接続(別途)
  • 殺菌温度・・・・・・・自動温度制御
  • 殺菌時間・・・・・・・10~60分

その他機器一覧